ニキビ跡の消し方〜シミ・凸凹・クレーター・色素沈着

ニキビ跡

*

小さいプツプツがニキビ跡になる

      2017/01/14

ニキビ跡が決まって残る

「小さいプツプツができたときに限ってニキビ跡も残る」

これは一例ですが、ある種類のニキビができたときにかなりの確率でニキビ跡が残ってしまうと体感している方もいるのではないでしょうか。

 

上記の例でいえば白ニキビがニキビ跡になってしまっているケースですが、これは無意識に白ニキビを引っ掻いて潰してしまっているのだと思います。

白ニキビは髪が触れたりすると意外と気になるので、知らない内に掻いて潰してしまっている事も多いんですよ。その時は大丈夫なように感じても時間の経過とともに肌が凸凹してきてニキビ跡が目立つようになってくる事もあります。

 

しかも炎症性の赤ニキビと違って、大した痛みも伴わないので、知らない内に跡を残してしまう怖さを逆にもっています。(赤ニキビであれば触れた瞬間に痛いので逆に平気なんですね。。。)

 

もちろん、赤ニキビができた時にニキビ跡が残る可能性が高い人だっています。

こちらは単純に、ニキビを治すことができずに最後まで悪化させてしまうパターンですね。膿ができて化膿させてしまったり、アクネ菌と戦うためにお肌が酷く損傷を受けるケースです。

 

ニキビ跡ができないように確実に対処する

どちらにせよ、ニキビ跡が残るパターンがあると感じる場合にはその自分の体感は大切にしましょう。そして、ニキビ跡が残らないようにニキビの各段階で確実に対処できるようにしていきましょう。

さらに白ニキビを代表とするスキンケアで簡単に対処できるはずのニキビが治らない場合には、決まって刺激が強い化粧品を選んでしまっている事がほとんどです。

 

ニキビ跡が増えると肌のダメージもそれだけ蓄積されて肌の状態も敏感肌気味に傾いてしまいます。自分は敏感肌ではないと思っていても想像以上にお肌は傷ついてしまっているかもしれません。

この化粧品のように優しい乾燥肌・敏感肌用の化粧品を使うことで、治すきっかけを掴めるかもしれません。詳細をチェックして参考にしてください。

 

小さいプツプツである白ニキビを解消するための優しい角質剥離作用、赤ニキビをケアするための抗炎症作用を持つ効果的なスキンケアです。
>>>敏感肌ニキビケアで予防しながら跡もカバーする!

 - ニキビ跡 種類 , ,