ニキビ跡の消し方〜シミ・凸凹・クレーター・色素沈着

ニキビ跡

*

顎のニキビ跡を消すには成分の浸透技術で化粧品を選ぶ

   

顎のニキビ跡は大人になってもなかなか治りにくかった苦い記憶があります。

ニキビさえ予防出来るようになれば時間の経過とともに少しずつは解消されていくとはいえ、顎は大人になるとニキビが増えやすくなる場所なので大変だったんですね。

 

顎を含むフェイスラインは大人になるにつれて乾燥しやすくなりますが、ニキビ跡を治す上で大切な肌の生まれ変わり機能であるターンオーバーは乾燥によって正常な周期で機能しなくなってしまいます。

これが時間が経っても顎のニキビ跡が改善していかない大きな原因となっていたと推測出来ます。

ただ毛穴の汚れを落としてニキビ予防を行うだけではなくて、肌に潤いを保つ大人ニキビケアでなければ顎のニキビは対策出来ないことも今となっては納得です。

 

さらにニキビ跡を消すとなると、その浸透技術にもこだわる必要があります

ニキビ跡は肌の角層の深くで起きている炎症やメラニン色素の蓄積が原因となっている場合も多く、有効成分が含まれているだけではなくてしっかりと肌の奥までその成分を届けなければ意味がありません

 

ここが多くのニキビ跡ケアの落とし穴になっているような感じがしないでもありません。色々と試して来ましたが、成分だけは立派でも全然効かなかった化粧品もありますからね。

成分の配合に成功しただけではダメで、ちゃんと肌の奥まで届ける技術があるかも顎のニキビ跡ケア選びでは注目することが大切です。

 

今後の化粧品選びでも良い教訓を学べたかなと思います。

理想的なニキビ跡ケアも見つけることが出来たし、スキンケア選びも経験がものを言いますね♪

顎のニキビ跡対策という意味では私は完了済みなので、よろしければ参考にしていってくださいね。

>>>ビーグレンのニキビ跡ケアプログラムを見てみる!

 - ニキビ跡 化粧品 ,